保険が利かないからAGAの治療費は高い!医療費控除は受けられる?

保険が適用されないからAGAの治療費は高くなる

保険が適用されないからAGAの治療費は高くなる
皮膚科を受診してもAGA専門クリニックを受診しても、AGAの治療は保険が適用されません。

健康保険の適用外なので3割負担にはならず、治療費を全て自己負担しなければならないからこそ高額な料金になりやすいのです。

  • フィナステリドを含むプロペシアを処方してもらう
  • 育毛剤のミノキシジルや内服薬のミノタブを処方してもらう
  • 成長因子を頭皮へと注入する毛髪再生療法を受ける
  • 自分の髪の毛を移植する手術の自毛植毛を受ける

上記の全ての治療が保険適用外の自由診療と設定されており、プロペシアの処方だけでも1ヶ月当たり6,000円~10,000円程度の治療費を負担する形となります。

なぜAGAの治療が保険適用ではないのか幾つかの理由を見ていきましょう。

  • 厚生労働省が定めている保険適用される病気の項目に含まれていない
  • 美容整形と同じ分類で生命に関わる治療として見なされていない
  • 薄毛を放置していても日常生活に重大な支障が出ることはない

脂肪吸引やバストアップ手術など、美容整形にかかる治療費を自分で負担しなければならない理由は分かります。

AGA治療もこのような審美目的の処置だと厚生労働省は判断しており、命の危険に関わらないからこそ風邪やインフルエンザ、虫歯といった治療とは区別されているのです。

自由診療だからこそ病院やクリニックによって治療費が大きく異なり、最初にどの程度の料金を負担すれば良いのか把握しておきましょう。

AGAの治療費は保険適用外でも医療費控除が受けられるケースはある

自分や家族の病気を治すために病院で何かしらの治療を受け、発生した年間の治療費が10万円を超えた場合は所得から差し引くことができます。

この仕組みのことを医療費控除と呼び、毎年確定申告をしている個人事業主やフリーランスには馴染みがあるでしょう。

「AGAの治療は保険適用外だから医療費控除は受けられない」と考えている方は少なくありません。

原則的には病気と見なされなければならないので、保険が適用されないだけではなく医療費控除も受けられないのが普通です。

しかし、精神的な理由で薄毛になった場合は例外で、仕方なくAGA治療を受けることになったと税務署および税務署職員に認められれば医療費控除は適応されます。

1年間の治療費が10万円以上という条件が同じように設定されていますが、「自由診療=医療費控除は不可」とは決め付けられないので、お近くに税務署へと足を運んで相談してみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする